眠りやすい季節になっても、眠れない?

ひと雨ふるごとに、秋の気配が強くなる季節。

夏の夜みたいに蒸し暑くなくなって、過ごしやすくなる9月後半。


過ごしやすいのは、昼も夜も同じ。

やっぱり、眠りやすい温度ってあるんです。


一般には、寝室の室温は25℃~28℃が最適と言われています。

この時期は、自然と眠るのにピッタリというわけです。



環境は整えたのに、眠れない……という方へ。

自分のまわりの環境だけじゃなくて、眠る本人も準備ができていなければ、眠くならないんです。


例えば、昼間のミスについて「やってしまった……」と考えたり、「明日の、あの話し合いが……」と気が重くて不安になったりしていませんか?


ついつい、エンドレスで考えてしまいますが、眠るには、いったん現実世界の悩み・不安・緊張を手放す作業が必要です。

ゲームのスイッチを一旦オフにするような感覚です。

(ゲーム機もパソコンも、ずっと使っていると熱くなってくるじゃないですか。ずっと熱い状態だと、よくないですよね?)


寝るのは、「一旦オフボタン」を押すようなもの。


でも、人間には残念なことに「電源ボタン」がないんです。

だから、ちょっと工夫をしないと、うまく「オフ」にできない方もいます。

(おそらく、この文章を読んでいる方もそうかもしれません)


上手に「オフ」にするには、いくつかのコツがあります。


まずは、寝る前に「刺激」を入れないようにすることが大事。

スマホをベットで見るのをやめましょう。


あとは、朝ちゃんと起きて朝日をあびること。

(しっかり電源オンしてあげると、スイッチも切りやすくなる、ということです)


それでもダメなら、香りで試してみませんか?

「SWITCH meアロマミスト」を使うと、自然とスイッチオフしやすい状態になりますよ。


※ ちなみに……、SWITCHme (スイッチミー)のミストは、電源をオフするようにスッと自分のモードを切り替えられたらいいな、という思いで名付けています。





SWITCHme 読みもの

夜眠れない。途中で起きてしまう。ついお酒に頼ってしまう、という方へ。スッと眠れるちいさなヒントをお届けします。

あなたのスイッチを、切り替える。

www.switchme.jp