お酒、飲みすぎると眠りの質が…?


今年も、残すところあと4日。

仲の良いお友達や親戚の方とごちそうやお酒を飲む機会がますます増えるころ。

でも。


そんな時に崩れやすいのが、睡眠リズム


実は、アルコールを飲むと睡眠の質はが悪化してしまいます。アルコールは利尿作用があるので、寝ている間もしばしばトイレに起きることになり、眠りが浅くなってしまうから。


この結果、体に疲れが残りやすくなります。


疲れが残った状態が続くと、自律神経の働きがおかしくなり。そうこうしているうちに、今度は免疫力も低下……。


こんな状態が長く続くと、風邪や病気にかかりやすくなってしまいます。

病気にならずに、ちゃんと年末年始を楽しむために。

SWITCH meのミストはもちろん、ちょこっとだけ飲み方、過ごし方を意識するだけでずいぶんと違いがでます。


大いに楽しみつつも、メリハリが大事

アルコールは「ほどほど」にする日を、設けてみては?


どうか、よいお年を。


参考:『疲れない脳をつくる生活習慣』石川善樹著 プレジデント社


SWITCHme 読みもの

夜眠れない。途中で起きてしまう。ついお酒に頼ってしまう、という方へ。スッと眠れるちいさなヒントをお届けします。

あなたのスイッチを、切り替える。

www.switchme.jp